2014 101234567891011121314151617181920212223242526272829302014 12

Angel of explosive flame

下した判断の軌跡

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Trackgack -- | Comment --

PAGE TOP

いつかまた光り輝く日を夢見て 


目の前には幾つもの道が光っていて
それを補って余りある無限の選択肢があった。

物語の結末が分かるのは、その道を半分以上歩いてからで
丁度いい落とし所へと歩みをコントロールすることも一種の楽しみだった。


今は

何一つ見えやしない。

数歩先すらこの目に映らない文字通りの暗中模索の中で
それでも何かを絡めとるように手探りを続けて物語を紡ぐ。

苦痛だ。

でもこれは
とある日課を放り出し続けた代償で
茨の道から動く歩道へと乗り換えた結果で
誰のせいでもない自己責任の結末でしかない。

あの頃なら、例え茨の道であろうともその手には鉈があったのに
あの頃なら、動く歩道への分かれ道なんて見向きもしなかったのに

堕落しきって怠惰に身を委ねる快楽を覚えてしまった今の俺には
そんな茨の道を歩く根性はないのだろうか。

否!!

たとえその手に茨を取り除く鉈がなくても
たとえその身を守る防具がなくても

もう一度だけ歩きに行こう。
あの時投げ出したこの活字と言う名の強敵に会いに。





何の話かって??


ブログですよ!!

あの頃はスラスラと次の文が出てきたのに
更新頻度が下がってからというもの次の言葉すら出てこない。

んでまた書く気が失せるという悪循環。

いやー、やっぱあれですね
文章は読むだけじゃなくて書かないとですね。

ってことで徹夜明けの朝の戯言でしたさようなら( ^ω^)
スポンサーサイト

カテゴリ: 謎の駄文

[edit]

PAGE TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。